服部緑地

 
ホームニュース・イベントイベントレポート木の実のタペストリーづくり(2021年10月10日)

木の実のタペストリーづくり(2021年10月10日)

令和3年10月10日(日)「木の実のタペストリーづくり」講習会を開催し、6名の方にご参加をいただきました。展示会「木の実ワールド」でもドイツの伝統的な室内装飾トロッケンゲビンデ作品を展示いただいている阪野芳子先生に講師をしていただきます。冒頭に作り方をご説明いただいた後は早速皆様各自で作品の基本であるワイヤー掛けをしていきます。大半の木の実は先生の方で事前にワイヤー掛けをしていますが、今回は松ぼっくり、フウの実にワイヤー掛けにチャレンジしていただきます。木の実のワイヤー掛けが終わったら、木の実の配置を考えながら中心軸に木の実を巻き付けていきます。参加者が6名ということもあり木の実の配置の仕方、ワイヤーの巻き方等随時先生がそれぞれの席をまわって丁寧に教えていただきます。先生の作った作品やレジュメに記載している木の実の配置の仕方の解説もあわせて読みながら、木の実を配置していき最後は頂上にリボン、壁掛け用のフックをワイヤーでつけて完成です。トロッケンゲビンデは木の実をワイヤー掛けしているため、気になる所があれば動かすことができ、また丈夫なため長年飾って楽しむことができます。ぜひご自宅で大切に飾ってくださいね。(管理事務所)