服部緑地

 
ホームニュース・イベントイベントレポートはじめての紅型染め(7月23日)

はじめての紅型染め(7月23日)

 平成29年7月23日(日)都市緑化植物園での講習会「はじめての紅型(びんがた)染め」を開催し、大人と子供合わせて18名の参加をいただきました。講師は戸谷真子さんです。「紅型(びんがた)」とは、型紙を使う沖縄発祥の伝統的な染め物です。型紙→型置き→染め→洗いの工程がありますが、今日は先生が用意して下さったコースターに、「染め(配色と隈取り)」の体験をしていきました。「染める時のポイントは少ない顔料でスリスリと刷り込むことです」と教えていただき、まずは練習用のもので試してみます。先生が一人ずつ丁寧にチェックされ、いざ本番です。赤・黄・緑等基本の8色を、たわし状の特殊な筆で刷り込み配色していきます。乾いたら隈取りのルールに則り色をのせます。今日の作業はここまでです。糊を落とす最後の工程「洗い」は2日後のお家での作業となり、作業手順を教わりました。柄がくっきり出てきた時の様子を思い浮かべワクワク。終始和気あいあいとした和やかな講習会で「思ったより難しかったけど楽しかったです」「完成が楽しみ!」の言葉を残しみなさん家路へと向かわれました。(管理事務所)