服部緑地

 
ホームニュース・イベントイベントレポート親子でチャレンジ!2021ファミリーガーデニングくらぶ②(7月25日)

親子でチャレンジ!2021ファミリーガーデニングくらぶ②(7月25日)

令和3年7月25日(日)10:30~12:30「親子でチャレンジ!2021ファミリーガーデニングくらぶ」を開催しました。今回は10組30名(子ども12名、大人他18名)の参加となりました。今回のテーマは「ハーブや夏野菜の種をまいてみるよ」です。まずはキッズガーデンに移動して、夏野菜や稲が6月に見た時からどれだけ成長したかを観察します。セミの大合唱が響く真夏の植物園、キッズガーデンに向かう途中に葉っぱにくっついたセミの抜け殻やセミが土中で成長した後に出てきた蝉穴の観察も行いました。夏野菜と稲の観察を終えて第1スタジオに帰ってきた後はバジルの挿し木、空芯菜と赤玉ハツカの種植えです。植物の体の一部を切り取って土に植えると新しく植物がまた生えてくる挿し木、改めて考えると生き物の不思議さを実感せずにはいられませんね。まずはバジルの枝を切りそれを水につけ、バジルの水上げをしている間に種まきをします。赤玉土を入れたポットそれぞれに空芯菜、赤玉ハツカの種を満遍なく撒き、上から土を被せます。空芯菜と赤玉ハツカの種まきをしている間に水を吸い上げてくれたバジルの枝を続いて赤玉土を入れたポットに植え付けていきます。特にバジルは虫に食べられやすいので、プログラム後も多くの保護者の方が虫対策等について畑さんに質問に来られていました。虫に食べられた、枯れてしまった含めて気付きを得るきっかけになります。今後どのように成長していくかお家で観察してみてくださいね(管理事務所)