服部緑地

 
ホームニュース・イベントイベントレポート早春の寄せ植えづくり(2021年2月7日)

早春の寄せ植えづくり(2021年2月7日)

令和3年2月7日(日)都市緑化植物園にて講習会「早春の寄せ植え作り」を開催し16名の方にご参加いただきました。講師は都市緑化植物園相談員・重川則子先生です。
今回使用するお花はローダンセマム、プリムラ・ジュリアン、キンギョソウ、スイート・アリッサム、ビオラです。まずは寄せ植えを考えるうえで大切になるお花の配置の仕方、色のバランス等を教わり、その後に今回使用するお花それぞれの特性について学びました。
説明の後は早速実習です。お花の配置の仕方を考える上で、どこに鉢を置くかもポイントになります。壁際に置くなら正面を決めますし、四方から見られる場所に置くるならそれを意識してお花を配置する必要があります。配置を決めた後は先生からのアドバイスを聞きながら鉢底石、培養土を入れていき、高さを意識しながらお花を配置して思い思いの早春の寄せ植えを作り上げました。     
出来上がった後は自分以外の参加者の作った寄せ植えを見て回る時間を設け、最後は重川先生から寄せ植えのアフターケアのポイントから挿し芽の方法までお伝えいただき、皆様熱心にメモを取られていました。出来上がった寄せ植えの今後の成長が楽しみですね。(管理事務所)