服部緑地

 

先生たちの工作(9月7日)(掲載日降順)

平成28年9月7日(水)ボランティアセンターに於いて、豊中市立小学校の先生を対象とした工作教室が、昨年に引き続き開催されました。生徒を指導するには、まず自分たちが工作を!との事でスタートしました。指導は服部緑地ボランティア・ファミリー自然教室の会員3名です。今回作るのは、作って遊べる自然工作“餅つきウサギ“です、台風の影響が気になるところでしたが参加は17名でした。どの先生も会員の指導を受けながら工作を楽しみました。材料は小さな枝や、竹、木片などの自然からの贈り物で作ります。セットされた材料を手に「これはどんなふうに使うのかな?」と頭をかしげる風景も。ドリルで穴を空けたり、ボンドで貼ったり、竹ひごを差し込んだり、いつの間にか童心にかえり夢中になっていました。形が見え始めると思わず笑みがこぼれます。「やった!」心のうちでガッツポーズしたかも。2時間近くで作品が完成。ひごを押したり引いたりする事でウサギがペッタンポッタンと餅をつきます。“中秋の名月”にはおだんごと一緒に楽しめるといいですね。最後は作品を手に、笑顔で集合写真に納まりました。「楽しかったです、ありがとう!」作品を手に談笑しながら帰って行かれました。(管理事務所)