服部緑地

 
ホームニュース・イベントイベントレポートクリスマスのスワッグづくり(11月24日)

クリスマスのスワッグづくり(11月24日)(掲載日降順)

令和元年11月24日(日)都市緑化植物園にて「クリスマスのスワッグづくり」の講習会を開催しました。講師は都市緑化植物園相談員の澤井里恵子先生です。24名が参加されました。

スワッグとはドイツ語で壁飾りの意味で、古くからヨーロッパでは空気の浄化や魔除けとして、また「幸せを呼ぶ」と玄関や壁に飾られており、リースと同じく人気があります。今回の「クリスマスのスワッグづくり」は澤井先生の提案で初めて実施します。桜の木の枝や常緑のコニファー類の葉やローズマリーなどでベースを作り、その上に松ぼっくりやヒマラヤスギなどの木の実やドライフラワー、クリスマスのオーナメントをグルーガンやワイヤーで飾り付け、最後に赤と金と緑のクリスマスカラーのリボンをつけて出来上がりです。参加者のほぼ全員がスワッグづくりは初挑戦で、はじめはイメージが出来ず不安そうでしたが、作業が進むにつれ、楽しそうに集中して取り組んでおられました。それぞれに素敵なスワッグが出来上がりました。(管理事務所)