服部緑地

 
ホームニュース・イベントイベントレポートオレンジポマンダーづくり(2020年11月1日)

オレンジポマンダーづくり(2020年11月1日)

令和2年11月1日(日)「オレンジポマンダーつくり♪」を開催しました。講師は服部緑地ボランティア友の会・守谷美根子氏と会員2名です。ポマンダーとは金や銀などで装飾された容器の中に香料を入れ首やベルトに吊り下げ、病気予防や魔よけとして用いました。中世ヨーロッパでペストなどの伝染病が流行した時、貴族たちはこれを付けて身を守ったと言われています。現代では魔除けやお守りとしての用途ではなく、生のオレンジやリンゴなどを使って香りのインテリアとしてクリスマス飾りや、幸運のお守りとして楽しまれるようになりました。今回はオレンジ、クローブホール、クローブ&シナモンパウダーを使ってオレンジポマンダーつくりをします。まずはオレンジに十字にテープを張った後は、竹串を刺してクローブホールをプツプツとト差し込んでいきます。オレンジの爽やかな香りに作業もはかどり、さし終わったらビニール袋に入れ、クローブ&シナモンパウダーを全体にまぶし1日置きます。その後はネットや紙袋に入れ3週間~4週間程乾燥したら飾り紐をかけて出来上がりです。会場がいい香りに包まれ参加者の皆様の表情も穏やかに、また手仕事の楽しさも堪能したのではないでしょうか。本日はパウダーをまぶすところまでで終了しましたが、4週間後には素敵なオレンジポマンダーが出来上がり、クリスマス飾りに添えられていることでしょう。参加者は15名でした。(管理事務所)